ホーム > 統計 > 受託件数と契約金額(推移)

ここから本文です。

受託件数と契約金額(推移)

受託件数と契約金額

  • シルバー人材センターに対する社会のニーズの高まりに応じ、受託件数は毎年増加しています。
  • 契約金額は、昭和61年度末に100億円、平成7年度末に200億円、平成15年度末には300億円を突破しました。平成29年3月末は336億5千万円となっています。
  • 平成27年度以降の実績は、シルバー人材センター等労働者派遣事業の実績を含みます。

ページの先頭へ戻る